FXや為替レートでよく聞くクロス円やドルストレートって何?

外国証拠金取引を略したFXを始めるうえで、最も重要なのは為替取引で使われている用語を調べることです。

そのFX用語の中で最も使われている種類といえば、クロス円とドルストレートです。

初心者にはどういうことかわからないという人も多いので、クロス円とドルストレートとは何なのか、そして利用することによるメリットとデメリットを紹介します。

クロス円とは何か?

クロス円というのは日本円で外国のお金の取引をするものと思ってしまいますが、実は日本円を一度ドルに変換した後に外国のお金を売買する仕組みを意味します。

実際にFXのサイトでは、例えばアメリカ/円という表記で書かれているのが特徴です。

アメリカ/円だと直接取引になるのでお互いの力関係が影響しますが、ユーロ/円の場合だとドルを介して媒介するのでアメリカの影響も少なからず受けることを覚えておく必要があります。

クロス円のメリットとデメリット

クロス円のメリットは、値動きの変動が起きにくいので安心して取引ができることです。

FXは現在の通貨の価値よりも、値段が上下した段階で約定をすることで利益を出します。

ただあまりにも変動が大きい通貨を選んでしまうと、ハイリスクハイリターンとなり損をする確率を大幅に増やしてしまうのです。

その点ドルや円というのは力の強い信頼性の高い通貨として認知されているので、他国に対する貿易や軍事などの社会ニュースが起きなければ大きな値動きになりにくいのでチャートがわかっていない初心者にとって継続運営がしやすいというメリットがあります。

逆にデメリットは大きな変動がしにくいということは、大きな受けられる利益を受けられる機会が雇用統計などの値に大きな影響を与える経済指標の時など限定されることです。

さらに日本の相場も影響があるので、値動きを見極めるのが難しくなります。

ドルストレートとは何か

ドルストレートとは何かというと、アメリカのドルを使って相手国に通貨の取引をすることです。

実際のFXの取引をするサイトでは、例えばユーロを購入する場合にはアメリカ/ユーロという形で表記されています。

世界中の通貨の中でも最も信頼性があり利用数が多いのがアメリカのドルなので、先に言ったとおりに日本円や韓国のウォンなどの通貨でFXの取引をする場合は一度ドルを経由することになります。

ドルストレートというのは、ドルを使って直接相手国の通貨と取引するので他と違い経由しないことからストレートと名づけられているのです。

ドルストレートのメリットとデメリット

ドルストレートのメリットは、変動が起きやすいので利益が出やすいことです。

世界中で最も使われている通貨のドルは信頼性が世界トップなので、先に言ったとおりにドルやユーロそしてポンド以外の通貨は一度アメリカドルに変換してから取引を行います。

これを3国間取引と言い、日本円とドルの価値そして購入した通貨の価値でレートが変動するのです。

ただクロス円だと通貨の中でも強い力を持つ円とドルで取引するので、どうしても相場の変動が起きにくくなります。

その点ドルストレートはドルで相手国の通貨を購入する事になるので、他の通貨取引と違い2国間取引と言う形になります。

2国間取引と言うことは、ドルと相手国の通貨の価値の違いがそのままレートに現れます。

そのため他国の通貨の影響がないので、クロス円と違って相場の変動が起きやすいので10分から1時間で取引をする短期及び中期トレードでも利益を得やすいです。

ただドルストレートのデメリットは、メリットである相場の変動が起きやすいということは逆に的確に相場を読まないと大きな損になりやすいとういうことになります。

クロス円の予測で失敗しない方法

クロス円はドルが少なからず影響するとはいえ、やはり円と相手国の通貨の通貨の価値が重要になります。

クロス円の予測で失敗しない方法としては、やはり何度も言うように変動がしにくいということをあらかじめ念頭に置くことです。

変動が起きるか否かについては、しっかりとチャートと経済指標を見ることが重要です。

経済指標は日本のものだけでなく、介入するアメリカの影響を受けやすいので特に経済指標の発表が行われる午後9時から12時までのトレードで注意しておく必要があります。

そしてチャートは、ヤフーなどのブラウザーサイトや登録したFXのサイトに無料で利用することができます。

その無料チャートを利用することで、現在の相場の状態を把握することができるのです。

ただ線やローソク足を見ただけではわからないので、しっかりと移動平均線やボリンジャーバンドの知識を有したうえで自身のトレード法を確立することが大事です。

FXのクロス円、ドルストレートともに、値動きを予測することが大切!

基本的にクロス円もドルストレートも、現在の通貨の価値からどちらに上下するのか判断することに変わりないです。

そのためどちらを利用するにしても、やはり値動きを予測することが大切になります。

予測をするためにはチャートを見る力に加えて、ネットもしくは経済新聞から現状を知ることが重要になるのです。