初心者がFXを始める際に注意すべき点をご紹介

初心者がFXを始めるときには色々なことに、注意しないと損をしてしまうことがあります。

特に初心者は利益を出すために無理な取引をしてしまうことも少なくありません。

利益と出すためにはリスクがつきものですが、リスクを管理できていないと損をする確率が高くなってしまうでしょう。

ここでは初心者が注意すべき点について解説していきます。

FX初心者が陥りやすいミスと対処法

初心者が陥りやすいミスとしては最初にFXについて勉強しないことです。

勉強をしないでとりあえず取引を始めるという人もいます。

しかし、そんな取引の仕方で長期間儲けられる可能性は低いでしょう。

理論や根拠がないまま取引をしてもなかなか上手くいかないです。

そうならないための対処法は、みっちり勉強をしてから取引を始めることです。

さらにシミュレーションを利用することも有用でしょう。

学んだ理論などを試す絶好の機会になります。

その上でオリジナルの理論や根拠を作ることが大事です。

最初は色々な理論を試して自分が納得できるものを見つけます。

見つけた理論を組み合わせると独自のものが出来上がります。

そこまでできれば、理論は実践でも役立つものになるのです。

レバレッジの倍率を高く設定してしまう

レバレッジの倍率を高く設定する点には注意が必要です。

レバレッジは少ない金額で大きく利益を出すためには有益な方法です。

しかし、レバレッジの倍率が高すぎると、想定外の方に市場が動いたときに簡単に強制ロスカットが起きます。

強制ロスカットがなければ利益を出せたケースもあるでしょう。

レバレッジの倍率をいつも高く設定していると、損失だけが増えてしまい資金を減らす結果になることも多いです。

レバレッジは適正な倍率で使用することが大切です。

リスクの高い取引を行う(時間外、一点張りなど)

初心者はリスクが高い取引を行う傾向があるため注意をしましょう。

例えば時間外で取引をするケースです。

時間外になってしまうと次に市場が開くまで取引ができません。

一般的には時間外になると予想できるときは、一定の金額になったら取引を終了させる方法を利用します。

しかし、初心者はそのような対策をしないで時間外を迎えてしまうのです。

また、一点張りなどもリスクが高い方法です。

一点張りをすれば利益は大きくなるかもしれません。

ただ、予想外の方向に進んだ場合は損失を出すことになるでしょう。

どちらに市場が動いてもいいように、二点でポジションを持てばリスクを減らせます。

色々な方法を知っていることでリスクを減らせるのです。

初心者のうちから高額なトレードをする

初心者は低い金額でトレードを始めることが大事です。

高額トレードをしないように注意します。

経験者は市場の動きについて学んでいるため予想を大きく外すことは少ないでしょう。

しかし、初心者はまだ知らないことが多いため予想が当たりにくいです。

そう考えると高額なトレードをしても大きく損をする確率が高いです。

利益を出せる自信がついてから高額なトレードをしましょう。

余剰資金ではなく、生活費でFX取引をしている

生活費でFX取引をしている人は注意しましょう。

生活費でFXをしていると冷静に取引をすることが難しいです。

余剰資金であれば失っても生活に困ることはありません。

しかし、生活費がなくなれば困るのは目に見えています。

そんな状態では判断ミスをすることもあるでしょう。

余裕があるときに取引をしている方が上手く取引できる可能性が高いです。

ロスカットレベルを低く設定している

ロスカットレベルは損をしないために重要なポイントです。

しかし、低く設定するとすぐにロスカットを起こしてしまいます。

ある程度損をするとしても低くしすぎないことが大切になります。

ルールを守って安全にFX取引をしましょう!

FXでは自分の作ったルールを守ることも大切です。

理論を学んでオリジナルのものを作り上げても、自分で作ったルールを守れないのでは利益を出すのは難しいです。

苦しい選択であってもルールを順守することが利益を出す方法になります。