FXのメリットとデメリットを具体的に解説!

FXは副業の中でも人気があり、初心者でも取り組みやすい投資法です。

これからFXを始めようと思っている人は、FXはどういうものなのか、どんなことに気をつければ良いかなどわからないことが多いはずです。

そこで今回はFXのメリットやデメリットをそれぞれ3つずつ解説していきます。

FXの取り組みを考えている人はぜひ参考にしてみてください。

FXのメリット1|少ない資金ではじめることができる

FXが初心者でも取り組みやすい理由としてまず挙げられるのが、「レバレッジ」といって少ない資金で大きな取引ができるということです。

ここで取引に必要な最低資金を株式投資と比較してみましょう。

株式投資の場合、一般的に最低資金は数万円ほどが必要で、大手企業の株となると数十万円もの資金が必要になります。

一方でFXは、5000~1万円あれば取引をすることができます。

FX会社によって必要な最低資金は異なりますが、少額から始められるところが増えてきているので学生や主婦でも取り組みやすいです。

FXのメリット2|手数料が安く、取引コストも安い!

FXの手数料としては、取引手数料、口座開設費、口座維持費、入出金手数料があります。

しかし、FX会社が増えたことでサービス競争が激しくなり、ほとんどの会社でこれらの手数料は無くなっています。

さらに、取引コストも株式投資や外貨預金と比べて約50~520倍もの差があり、FXの方が断然安いです。

取引コストもFX会社によって違いがあるので、低コストで取引できるFX会社を選びましょう。

FXのメリット3|好きなタイミングで取引できる

FXは24時間取引が可能なので、早朝や夜中など好きな時間に取引することができます。

株式投資の場合だと、平日の9:00~11:30、12:30~15:00までと取引の時間が限られています。

一方でFXは平日はいつでも取引可能なので、昼間は育児で忙しい主婦やサラリーマンでもじっくりFXを楽しむことができます。

さらに、為替市場は昼はあまり動きがなく夕方~深夜に大きく動くことが多いので、利益が出やすい時間に取引を行うことが可能です。

FXのデメリット1|為替変動のリスク

為替相場は常に変動しており、いつでも急激な変動が起こり得ます。

つまり一瞬で数万円~数十万円を失う可能性があるということです。

為替変動が起こる理由としては、景気の問題や金利が挙げられます。

また、テロや戦争、要人の発言なども為替変動に大きく関係しています。

為替変動による大きな損失を防ぐためには、ニュースをこまめにチェックしたり専門家に聞いたりするなどして、世界経済や通貨のトレンドについて知識を深めることが大切です。

ただ、為替変動は様々な要因が絡み合って起こるので、この時はこうなるといった答えはありません。

何度か取引を経験して感覚をつかみましょう。

FXのデメリット2|高レバレッジによる大損

高いレバレッジをかけると大きな利益を出しやすいですが、反対に損失が大きくなることも頭に入れておきましょう。

FXは最大で投資資金の25倍のレバレッジをかけることができます。

つまり1万円の資金で25万円の取引ができるということです。

取引が上手くいけば良いのですが予想とは反対に相場が動くことは十分あり得るので、利益を大きくしたいからといって、初心者でいきなり高いレバレッジをかけるのはリスクが大きすぎます。

FXに慣れるまではレバレッジを低く設定するのがおすすめです。

FXのデメリット3|金利変動のリスク

金利変動は為替変動と同じく毎日起こっており、大きな利益を生むことができる反面、一瞬で資金を失う可能性があります。

金利が高い通貨と低い通貨の差をスワップポイントと言い、スワップポイントはプラスになると利益を受け取ることができ、マイナスになると損失が生まれます。

資金の需要と供給によって市場金利が変動した場合や、政策金利が上がったり下がったりすることで、スワップポイントがプラスになるかマイナスになるかが決まるのです。

金利変動の予想がしにくい場合は、損失が大きくなる前に損切りする勇気も必要になります。